日本語教師アシスタントとは

日本語教師アシスタントについて

日本語教師アシスタントについてここでは紹介します。

日本語教師アシスタント、
それはプロの日本語教師とは違ってアシスタントとして、
海外にいる子供たちに日本語を広めたり日本文化を教えるのが仕事です。

ボランティア活動の1つです。
ですから教員免許は必要がないのが特徴です。
日本語教師がいる学校にはネイティブのジャパニーズスピーカーということで
日本語授業のサポートが必要となりますので、そのサポートをするのが仕事です。

日本語教師がいない学校の場合には
それぞれのクラスの担当の教師と一緒に授業の内容を考えたり
協力をしながら日本語を教えていきます。

日本語教師がいる場合でも、いない場合でも、
どちらにおいても日本の文化や生活、
音楽やスポーツを上手に授業の中に取り入れていき、
子供たちが楽しく日本語を学ぶことが出来るようにしていくことが大事です。

今日本語アシスタントとして海外で活躍している人はとても多く、
日本人として国際交流に貢献している存在なのです。

日本語アシスタントとして海外へ行く場合、
長期の場合は3ヶ月から1年間、
短期の場合は1週間から8週間の期間で行くことが多いでしょう。

募集条件

日本語教師アシスタントを募集している国は、
アメリカ、カナダ、オーストラリアニュージーランドなどです。
応募に関してですが条件があるところが多いでしょう。

たとえば健康で明るくて良識があること、
そしてTOEIC400点、
またはそれ以上に相当する英語力を持っていることとなっていますし、
カナダにおいてはTOEICの点数がさらに高く600点になっています。
申し込みは必要書類を郵送して申し込みます。

専攻申し込み試験必要書類として申込書、
英語の語学力を証明することが出来る書類のコピー、
選考試験料が5250円必要です。

そして試験が行われて面接をして合格すれば
日本語教師アシスタントとして働くことが出来ます。

日本語教師アシスタントプログラムとして行ってるのですが、
それぞれの国へいってアシスタントとして
ボランティアをすることにより英語が間接的に身につきますし、
高いビジネス英会話力を身につけることが出来る人も要るでしょう。

ワーキングホリデーで行く人もいます。
将来的に日本語教師を目指したいと思っている人、
日本人がいる学校でアシスタントが出来るので一人で
日本人のいないところで最初からボランティアをするのが不安な人は
アシスタントとして派遣してもらうことで、
日本語教師としての自分の夢もかなえることにつながりますのでお勧めです。